英語リスニングのコツと日本人の特徴

英語リスニングのコツと日本人の特徴

 

英語には色々と勉強しなければならないことがありますが、リスニングが一番難しいかもしれません。リスニングが、多くの英語のテストで出題されるようになってきました。では、どのようにリスニングの勉強をすればよいのでしょうか。

 

これまでの日本人の英語学習は、読むことに重点を置いたものがほとんどでした。ですから、英語が話せるようになりたいと思っても話すことができないのです。英会話教室や独学などで英語を学んだとしても、なかなか英語が話せるようになる人は少ないことでしょう。

 

きちんとした発音や聞き取ることに重点を置くあまり、リスニングを敬遠してしまっているところがあります。そもそものリスニングに対する考え方を変える必要があるのです。英語というものは、話したり聞いたりすることが目的ではありません。
コミュニケーションを取ることが目的なのです。文法などを全く知らなかったとしても、身振りや手振り・単語で意思を伝えることは可能です。

 

リスニングは真剣に取り組むのではなく、適当にきくことで効率的な勉強法になると考える人もいます。単語をひとつひとつ聞き取るのではなく、ポイントだけを理解するようにするのです。そうすることで、大体の意味が理解できます。

 

日本人というのは、言葉を聞いて頭の中で文章に組み立てます。文法的に合っている状態でなければ、意味が分からないと判断してしまうようになっているのです。ですから、重要な単語のみを聞くように習慣づけることが大切なことなのです。