日本の英語学習の問題点

日本の英語学習の問題点

 

英語の勉強においては、多くの人がその勉強法について問題提示を行っています。

 

ですが、昔から英語教育の現場では改善されるような兆しは見えてきません。英語の勉強法というのは、文部科学省が検定教科書の制度を維持している限り変わることはありません。現場の教師たちも、この問題を打開しようと努力していることでしょう。

 

英語教育の現場では、やはり受験のための英語教育を重視しているところがほとんどです。生徒たちには、目の前に受験というものがあります。ですから、この受験を無視するというわけにはいかないのです。誰もが、日本の英語教育では英語を話すことができないと知っています。受験英語は、英会話とは別物だとわかっているのです。

 

英会話を身に着けたいのであれば、英会話教室に通うようにしましょう。独学でもネイティブの英語に触れることは可能です。それに、最近では携帯電話やオーディオプレーヤーなどでネイティブの発音を聞くこともできます。学校などの英語学習の勉強法が、改善されることは期待できません。

 

まずは、自分が何を勉強したいのかを知ることです。漠然と話せるようになりたいと考えるのではなく、具体的な目標を持つことが重要なのです。学校で英語を学ぶことができるので、英語を身近に感じるところが日本教育の良い点です。まずは、具体的な目標を持つようにしましょう。その目的に沿った、自分なりの勉強方法を見つけることが大事なことではないでしょうか。