映画で楽しく学ぶ英語勉強法

映画で楽しく学ぶ英語勉強法

 

英会話の勉強方法はいろいろとありますが、映画が好きならぜひ英語で学んでみてはいかがでしょうか。

 

外国の映画は、とても身近な英語教材のひとつです。英語の高価な教材を、わざわざ購入する必要などはありません。デジタルテレビなら、副音声で英語が流れているのです。わざわざ、レンタルビデオ屋さんで借りる必要もありません。

 

どのようま映画でもかまいませんが、ストーリーがわかっているほうがいいかもしれませんね。俳優がさんがどのようなことを話しているのかが大体わかると思います。その流れてくる英語を聞き流して、何度も見るのです。日本人というのは、聞いた英語を頭の中で文章に組み立ててしまいます。ですが、流れてくる英語がすべて正しいとは限りませんよね。日本語でもわかるように、ニュアンスで通じている場合もあるからです。

 

もしも文法的に間違っていたとしても、その場の雰囲気などで話しは通じるものです。ですから、まずは字幕なしで何度も映画を見てください。そうすることで、この場ではこんな表現がよいのかとわかってくるはずです。ほかにも主演の口癖や日本語訳ではどのようになっているのか、なども確認してみましょう。同じシーンであっても、言葉が違うという場合もあるでしょう。

 

吹き替えの場合は、そのまま訳すわけではありません。意訳されることが多いので、元の文章との違いがわかることでしょう。
ですが、そのためにストーリーが変わることはありませんよね。文法にこだわる必要はなく、気軽な勉強法といえるでしょう。単語だけでも、意味は通じるということを覚えておきましょう。