中学生英語の実態と対策

中学生英語の実態と対策

 

中学生になると、英語の勉強が始まるところが多いようです。中学から何年間も英語を学ぶのに、日本人の多くは英語を話すことができません。アメリカ人は、もちろんですが小さな子供でも英語を話しますよね。日本人とアメリカ人では、英語の学び方がどのように違うのでしょうか。

 

一番の違いは、日常生活の中で毎日英語を使っているかどうかということです。中学生が英語を上達させるためには、まずは毎日やるところから始めてみましょう。毎日英語を使うことによって、英語を話すことができるようになるのです。現在の中学生の英語を学ぶ目的は、英語の成績を上げるためのものです。決して、英語が話せるようになるためのものではありません。

 

英語を上達させるためには、学年に応じた勉強法を実践することも大切です。まだ初期の段階の一年生は、まず単語をたくさん覚えて語彙力を上げるようにしましょう。単語を毎日書いて読むという、反復練習が大切になってきます。

 

ほかにも勉強をする習慣を身に着けるということも、大切なことです。これは英語学習に限ったことではありませんが、一年生のうちから机に向かう習慣をつける必要があります。そうしなければ、二年生や三年生になっても勉強しようという気持ちがおこらないでしょう。

 

高校受験というのは、人生の方向を決める大切な試験なのです。ですが、多くの中学生にその認識はありません。
そのために、周りや親はうるさく言うことになってしまうのです。その意味を十分に理解することが大切なことなのです。特に英語学習に関しては、日常で使用しないので勉強できちんとカバーする必要があるのです。