高校英語の効率的な英語学習法

高校英語の効率的な英語学習法

 

高校での英語学習とは、一体どのようなものなのでしょうか。高校では、学校の成績を上げ受験に対しての勉強方法となります。受検英語になるので、勉強したからといって英語が話せるようになるわけではありません。それが良いか悪いかではなく、英語の勉強法について考えてみることにしましょう。

 

受験のための英語学習は、まず目的がはっきりとしていますよね。教科書やテキストを活用し、英単語や文法・構文などを覚える必要があります。単語や文法を覚えるには、辞書も活用しなければなりません。時間をかけて、ひたすら努力することが重要です。

 

単語を一つ調べるためには時間が必要になります。わからに単語が少なくなればなるほど、勉強もはかどるというわけです。その域に達するまでには、時間も必要となります。

 

教科書の活用方法についてですが、まずは自分がどの程度理解しているかを判断することが大切です。3年生の時に1年生の教科書から見直すようであれば、単語をきちんと理解しているかを確認しましょう。単語は繰り返し、ひたすら覚えることが大切です。ですが覚える単語は山のようにあるので、覚えながら忘れていくことになるのです。

 

効率的に英語を勉強する方法としては、漠然と覚えても覚えることはできません。10分で10個の単語を覚えるというように、時間を制限しておぼえるのです。こういった努力は、脳の働きを高めてくれます。寝転がっても、教科書を見ながらでも大丈夫ですよ。